夢ナビライブ 講義動画サービス

商学×国際とは何か?

再生スピードを変更できます。

2018年7月14日 東京会場にて収録

1分動画

商学とは

1分動画

どちらの会社を買収するか

1分動画

日本人の海外駐在員の増加

30分動画

講義を視聴する(30分)

高校1年生 国際と商学では商学とは経済、経営の違いを理解できた。パンフレットにあった国際商学部にはとても興味があるのでオープンキャンパスにもいきたい。
高校1年生 3つの似ている学部のちがいが分かりやすかったです。答えがない学部だからこそおもしろいんだなと思いました。
高校1年生 商学のぼんやりとしたイメージがけっこうはっきりとして良かったです。
高校1年生 ただ話を聞くだけでなく私自身が考える時間があったので面白かったです。また、「商学」といういつも全く興味をもたないものでしたが、私が思っているよりも考えることが大切で関心が高まりました。
高校1年生 外国で働くのに大切なことがすごくよくわかり、興味がわきました。横浜市立大学に入れるように頑張ります!
高校2年生 商学には正解がないと知って、今まで正解に近いものやこうするべきみたいなイメージがビジネスにはあったけど考え方が変わった。
高校2年生 すごく楽しそうな学問だと思いましたし、自分に合っていると感じました。日本の少子高齢化を考えると、この学問の学びに大切だと思いました。
高校1年生 ビジネスの学問への興味が深まった。
高校2年生 今まで経営学・経済学・商学の違いがいまいち分かっていませんでしたが、講義を聞いて商学に興味がわきました。
高校2年生 商学・経営学・経済学の違いが分かっていなかったので、分かりやすく説明して下さってありがとうございました。
高校1年生 なにも分かっていない状態でじゅこうしたので、基礎から良く分かって良かったです。ありがとうございました。
高校1年生 けっこう興味深い話が多くて、タメになった。
高校1年生 経済学と経営学の違いがよくわかった。
高校1年生 商学、やっぱり興味があるなと実感できました。
高校2年生 正直、商学・経営学・経済学の違いを分かりやすくて教えてくださり、ありがとうございました!!
高校2年生 現代で活動するには必須なものだということがわかりました。
高校2年生 今までかかわることのなかった商学について、少し知ることができた。
高校2年生 具体的な例が多くてとても分かりやすかったです。
高校2年生 楽しく聞けた。
高校1年生 その場で考えさせる問題があって、理解が深まった。
高校2年生 商学について理解することができた。
高校2年生 自分では選ぶことのなかった講義なのですが、とてもおもしろかったです。
高校1年生 もっとしりたくなりました。
高校1年生 あまり知らず興味はない学問だったのですが、自分たちの生活にとても近い学問だということが分かり、興味がもてました。
高校1年生 将来は英語が重要だということがわかりました。また、商学に絶対正解だというものがないのかなと思いました。
高校2年生 まずは商学の基礎の部分を固めることが大切だと思いました。
高校1年生 楽しかった。
高校2年生 将来社会で活躍するために高い専門性を身につけ、即戦力となることができるように勉強を頑張りたいと思った。
高校1年生 商学という言葉のちゃんとした意味を知り、さらに興味がわいた。
高校2年生 今日は、商学×国際について学びました。とてもおもしろかったです。
高校2年生 とてもおもしろい時間をありがとうございました。
高校1年生 商学の内容を知ることができて、とても興味が高まりました。
高校2年生 グローバル化する中で英語は必要なことだと思ったし、商学は、とても複雑なんだと感じました。
高校2年生 経営学と経済学と商学の違いや、商学の必要性などわかりました。
高校2年生 商学の目的を私は知りませんでした。実際に経営の状態を見て自分で対策を考えることによって少しですが理解できた気がしました。英語を身に付け外国でも活躍できる人材になりたいです。
高校1年生 商学においてのグラフの見方を学べたと感じました。
高校1年生 自分が考えた視点とはまた違った目線での講義だったのでとても新鮮でした。
高校2年生 商学と経営学、経済学の違いが分かり、ビジネスに就いて、活動の幅を広げるには基礎知識はもちろん英語力も必要だと感じました。
高校2年生 とても商業についての情報を知ることができたのと同時に興味がわいたまたわかりやすい説明が非常によかった。
高校1年生 やりたいを学ぶことができてさらに関心を持ったのでこの道に進みたいと思いました。
高校2年生 経済・経営・商学の違について分かった
高校2年生 経済について学ぶことが今後どう必要になるかわかって良かったです。
高校1年生 英語をよく習った方がいい方がいいことが分かりました。
高校1年生 今まで商学がどういうものか詳しく知らなく、なんのためにあるものなのかわからなかったが、ビジネスの成功率をあげる重要なものなのだなとわかって良かった。
高校1年生 わかりやすい説明ありがとうございました!!
高校2年生 英語をもっと高めようと思いました。
高校2年生 大変参考になりました。グラフ等のデータの活用をしっかりと学びたいです。
高校2年生 ビジネスはまずは基礎が大切だということが分かった。またビジネス上英語の大切さを知ることができた。
高校1年生 よかった。わかりやすかった。
高校2年生 経営学と経済学と商学の違いを知ることが、できたし、ビジネスで求められるスキルも知れてよかった。
高校2年生 おもしろかったです。
高校1年生 商学の大切さも英語などの大切さも分かりました。あまり知らなかったことを知れて良かったです。
高校1年生 経済についてのことと、国際についてのことを折り混ぜて話してくれたので分かりやすくて、興味がわきました。
高校2年生 商学、経営学、経済学の違いや、今後、グローバル化が進んで英語が必要なことなど、興味深い内容を聞けて良かったです。
高校2年生 しらないことをしれてよかった。
高校1年生 スウェーデンの社会のしくみについて詳しく知ることができた。社会福祉や税金について興味があったので、とても楽しく講義が聞けた。
高校2年生 興味深い内容でした。
高校1年生 資科もあってわかりやすく、会計学についても興味がわきました。ありがとうございました。
高校2年生 とてもわかりやすく、感動した。
高校2年生 ビジネスには正解がないということを知れて良かった。また、英語は大切だと再認識できて良かった。
高校2年生 経営などとのちがい、商学とは何を学ぶのかを学ぶことができました。
高校1年生 商学についてとても感心をもてた。もっと商学についてしりたいと思った。
高校2年生 商学と聞くと高度な数学を思い浮かべていたけど、中学レベルでいいと聞き驚きました。それ以上に英語が重要なことがわかりました。
高校2年生 世界で活躍するためには、コミュニケーション能力が大切であり、これからは英語の力も重要になっていくことを知ることができて良かったです。
高校1年生 いろんな情報を元にビジネスの高上をはかるためいろんな情報を英語でも理解できるようにする。国際化が求められているまた、対応力の高上も求められる専門を学びたいと思いました。リンカンの言葉に意味があった。
高校1年生 商学、経営学、経済学の違いをはっきり知ることができました。商学の知識を身につけることで経営が成功する確率が高まることが分かりました。
高校2年生 ちがいが理解できました。
高校1年生 すごく分かりやすい。
高校2年生 授業がとても興味がわき、とても楽しかったです
高校2年生 商学に国際学はとても重要になることが分かりました。また、グローバル人材になるためには何が必要かが分かりました。
高校2年生 “国際経営学”という学問についての興味が増しました。とても参考になりましたありがとうございました。
高校1年生 今日はこの講義を視聴したことで商学と経済学、経営等の違いを理解することができました。ありがとうございました。
高校1年生 商学と国際の関係性がおもしろかった。
高校2年生 国際×商学について詳しく簡単な言葉で話していただけてよかったです。
高校2年生 国際化のビジネスでやっていくには、語学力だけでなく、深い専門性が必要であるとしっかりと理解できました。今できることを、しっかりやりたいです。
高校1年生 答えがないのがおもしろいと思いました。
高校2年生 知らないことをしるきっかけとなってよかった。
高校2年生 ビジネスで英語ができるとよいことがあるというのをきき、英語を頑張らなくてはと思いました。
高校1年生 商学のことについてよく知ることができた。
高校1年生 とても良く理解できました。
高校1年生 商学はビジネスを学ぶということを非常に理解しました。また経済などとはちがうこともわかりました。
高校2年生 国際と商学の関係や、経済と経営、商学の違いが知れて良かったです。
高校2年生 興味深かったです。
高校2年生 商学を学ぶ→ビジネスの成功率が上がる。商学を学んでからではないと英語が使えないことも分かった。
高校2年生 先生の言っていることがよかった。
高校2年生 お話しを後ろから聞いていましたが、苦手な英語をはじめ勉強をしっかりしていく意欲が高まりました。
高校1年生 専門性を持つことの重要性を知りました。
高校1年生 ビジネスにおいて、英語の重要性を感じた。
高校2年生 商学で利益を上げるためには、語学力が大切で主体性、チャレンジ精神、責任感が大事だとわかりました。

さらにコメントを見る

関心ワード
  • お金・現金 、
  • 海外勤務 、
  • 会計 、
  • 企業 、
  • 経済 、
  • 財務 、
  • 大学 、
  • ビジネス 、
  • 病院

講義No.g009062

海外で働くために、国際的なお金の動きを見てみよう!

少子高齢化社会で需要が高まる国際商学

現在、日本は少子高齢化で働く人口が減っているため、国内の需要を考えるだけではビジネスが成り立たず、海外に進出していく企業が増えています。海外勤務、特に海外で業務をするにあたって重要なのは、一般的な英語力のほかに、専門用語をしっかり使えることです。現地で自社の製品を売るにあたって交渉、調整していくためには、海外ビジネスのための専門用語を理解し、使いこなすことが必要だからです。国際商学は、このようなビジネスの一つひとつのやりとりから国際経済の大きな流れまでを対象として考えます。

お金は企業にとって血液のようなもの

海外、特にアジア圏に進出している日本企業を見ると、現地駐在員として働く日本人は、経営管理業務、特に財務・会計担当が多いのです。なぜ海外勤務のスタッフに財務・会計担当者が多いかというと、お金の流れは企業にとって血流のようなものなので、現地の人に任せず、日本人のスタッフを配置してきちんと把握すべきだと考えるからです。
会計とは、売り上げや利益を見ながら、どこか具合が悪い部分はないかと診断を行い、業績の予測を行うものなのです。国内で力を発揮したビジネスを、海外でも応用できるようにビジネスモデルをつくり、国際的なビジネスへとつないでいくことが求められます。

非営利団体の会計は国際商学の一つの特色

実は、グローバル企業以外にも、病院や大学といった非営利団体のビジネスモデルやお金の流れが、国際的に注目されています。一般に、利益のたくさん出る病院や大学にいい印象は持たれないものです。海外の研究で、病院の利益は少なすぎても多すぎてもだめ、という結論が出ています。日本の大学では、教育・研究にコストをかける大学ほど寄付や資金を多く集められるという結果があります。医療・介護業界や教育業界の経済規模はとても大きく、その国の経済発展を示す指標となると考えられ、国際的に注目される研究対象になるのです。

この学問が向いているかも 国際商学

横浜市立大学
国際商学部 国際商学科 ※2019年4月開設予定
准教授 黒木 淳 先生

メッセージ

あなたは行きたい学部が決まっていますか? 私は高校生のとき、商学部に行くか、あるいは経営学部、経済学部にするか迷っていました。結果的に、商学部を選んだのですが、商学部ではビジネスの一つひとつの取引の視点から、国際経済・国際社会のようなマクロな視点まで学ぶことができ、とても有意義でした。
現在、日本は人口が減り、就業人口が少なくなる中で、どう次の時代をつくっていくかという課題があります。もし、あなたが国際ビジネスにチャレンジしたいのなら、一緒に学びませんか。

先生の学問へのきっかけ

高校時代からビジネスマンとして活躍することに憧れ、商学部に進学しました。経済や会計の基礎を一通り学びつつ、取引一つひとつに注目したり、流通の仕組みや、国際貿易などの商取引を学ぶこともある。そんな商学が自分に合っていると感じ、研究者の道へと進みました。研究者としては、新しい社会問題に挑みたいと考え、ヘルスケア分野や、大学、行政などの非営利団体の会計を専門にしました。このテーマは国際的にも活発に研究が行われています。28歳で初めて海外の学会での発表を経験し、国際的な視点の重要性を改めて感じたのです。

大学アイコン
黒木 淳 先生がいらっしゃる
横浜市立大学 に関心を持ったら

横浜市立大学は、「実践的な教養教育」を導入しています。高度な専門知識を教養教育を通じて身につけ、バランスのとれた人材育成を図る教育システムです。日本を代表する国際港湾都市に位置する大学として、世界に羽ばたく人材の輩出を目的に、国際感覚を養うさまざまな取り組みも充実しています。個々の可能性を最大限引き出すための厳しい教育プログラムを愛情を持って進めていきます。