OCANs オーキャンズ

FROMPAGE

OCANs 機能紹介

function 1

タイムテーブル作成・公開機能

function 1

タイムテーブル作成・公開機能

印刷物に掲載したタイムテーブルをPDF化してサイト上でも利用する場合は、スマートフォンのような小さな画面には適しません。本システムなら、パソコンでもスマートフォンでも簡単にタイムテーブル画面を構築できて、すべてのプログラムを機能的に表示できます。ま た、プログラムごとに詳細情報ページが設定できるので、開催時間や開催場所、プログラムの概要、参加予約ボタンなどを表示できます。詳細情報ページから様々なリンクも設定できるので、より詳細な情報も提供できます。

イメージイメージ

詳しく知るリンクで更に詳細な情報を提供

プログラムごとに詳細情報ページにリンクすることができます。同時刻に様々なプログラムが並行して開催される場合など、詳しい情報提供によって参加の検討が容易になり、ミスマッチを防止できます。

夢ナビ講義で模擬授業の参加者が変わる

模擬授業の学問内容や研究テーマに関心の高い高校生を誘致することで、向学心の高い志願者を増やすための学生募集広報戦略として機能します。
夢ナビ講義をご活用いただくと、模擬授業の概要に留まらず、学問や研究テーマの魅力も伝わります。教員のメッセージ動画なども備わっているので、親近感も演出できます。これまでにはない向学心の高い高校生の参加が期待できます。

模擬授業の詳細情報ページの
「詳しく知る」リンク先の夢ナビ講義
イメージ

function 2

多機能な申し込み受付フォーム

function 2

多機能な申し込み受付フォーム

参加申し込み受付

申し込みフォームの入力項目は自由に設定できます。開催日やキャンパスごとの項目変更、同伴者の参加受付(最大人数設定も可能)など、目的に応じた設計ができます。

プログラム予約申し込み受付

模擬授業や学部説明会など、プログラム単位で参加の受付や管理ができる「プログラム受付画面」をご用意しました。プログラムごとに定員を設定でき、予約状況に応じて途中での定員変更や会場変更、プログラム追加などにも柔軟に対応できます。

メール一括配信機能

申込者を対象にメールの一括配信が可能です。来場促進メールや、開催後のサンクスメール等にご利用ください。
※回数制限なし

申し込みフォームの様々な設定機能

  • 同伴者人数を自動的に来場者数にカウントするか否かの設定
  • プログラム最大申込可能数の設定(一人につき上限設定が可能)
  • 重複した時間に実施されるプログラムの申込制御機能
  • 申し込みフォーム上の表示文言のカスタマイズ設定
イメージイメージ

■予約はテレメールテレメールIDにも対応

テレメールユーザーなら4桁のパスワードだけでログインできるので、予約制でも、テレメールユーザー(74万人/2017年度実績※)をしっかりと取り込めます。また、スマートフォン端末での「簡単ログイン」機能を使えば、ログイン不要でマイページにアクセスできます。また、本システムに登録されたオープンキャンパスのプログラム情報は「テレメール進学サイト」でも紹介するので、来場促進につながります。

※テレメール経由の資料請求時に個人情報とパスワードを登録することでユーザーとなりますが、プレゼントによる請求喚起を一切行なっていないため、純粋に大学進学を目指す高校生がユーザーです。

テレメール進学サイト
オープンキャンパスタブ押下時
イメージ

function 3

マイページ機能により
問い合わせが激減

function 3

マイページ機能により
問い合わせが激減

申込者からのキャンセルや変更等の問い合わせ対応業務が大幅に削減できます。本システムでは、申込者が申込み内容を確認して、ご自身で変更できる申込者専用ページ(マイページ)を用意しています。変更内容は申込者専用ページにも即時反映されます。

申込者専用ページの機能

  • 個人情報の確認・変更
  • プログラムの追加申込み・キャンセル
  • 参加証・受講証の表示
  • アンケートへの回答
  • 予約したプログラムのスケジューラー機能
イメージイメージ

function 4

受付対応の効率化
(参加証・受講証の発行)

function 4

受付対応の効率化
(参加証・受講証の発行)

来場者には、参加申し込み時やイベントの予約申し込み時に、都度、完了メールを自動配信します。完了メール本文のURLから、参加証や受講証の表示、マイページへのアクセスが可能です。オープンキャンパス当日は、スマートフォンの画面に表示した参加証・受講証を提示させることで、受付処理の効率を図ることができます。

イメージイメージ

function 5

Webアンケート機能による
コスト削減

function 5

Webアンケート機能による
コスト削減

メリットが多いスマホ活用

紙で収集していたアンケートをWeb化することで、後処理の省力化・スピード化・低コスト化が図れます。また、スマートフォンネイティブである高校生の本音をアンケートで引き出すためには、紙に文字で記入させる環境を見直して、スマートフォン端末を介して直接入力させることが必要です。

アンケートは自由設計

本システムでは、オープンキャンパス参加者に対する感想や満足度調査など、目的に合わせてアンケートの内容が自由に設定できます。開催日やキャンパスごと、また学部別など同時に複数のアンケートを作成することもできます。また、メール一括配信機能を利用したアンケート回答フォームへの誘導や、当日配付する用紙にQRコードを印刷するなど、活用方法はさまざまです。

スタッフチェック機能

アンケートを回答するとスタッフチェック用の画面が表示されます。プレゼントの重複配付などを防ぐことができます。

イメージイメージ

■アンケートの回収率を高めるゲートパス機能

本システムでは、アンケートに回答するとExit PASSと表示された通行手形が表示されるので、退場時にはその画面を確認することを事前にアナウンスしておくことにより、アンケートの回収率を格段に高められます。スマートフォンを持ち合わせていない方には随所にアンケート用紙を配しておくことで対応します。

イメージ アンケート
ゲートパス画面