OCANs オーキャンズ

FROMPAGE

OCANs 機能紹介

function 1

タイムテーブル作成・公開機能

function 1

タイムテーブル作成・公開機能

印刷物に掲載したタイムテーブルをサイト上にPDF化して公開する場合は、スマートフォンのような小さな画面には適しません。本システムなら、パソコンでもスマートフォンでも簡単にタイムテーブル画面を構築できて、すべてのプログラムを機能的に表示できます。また、プログラムごとに詳細情報ページが設定できるので、開催時間や開催場所、プログラムの概要、参加予約ボタンなどを表示できます。

夢ナビ講義をご活用いただくと、模擬授業の概要に留まらず、学問や研究テーマの魅力も伝わります。教員のメッセージ動画なども備わっているので、親近感も演出できます。これまでにはない向学心の高い高校生の参加が期待できます。

事前申込みで参加意欲アップ

自由参加方式から、OCANsによる「タイムテーブルでプログラム内容を確認させた上での事前申込み方式」に変更したところ、「模擬実験・模擬授業への参加」を来場目的とする参加者の割合が大きく増加しました。

詳しく知るで夢ナビ講義を活用した例

■模擬授業の公開情報を担当教員自ら編集・管理できるから合理的

学部主体のプログラムを代表する「模擬授業」や「体験授業」などの公開情報は担当する教員自身で管理できます。編集専用フォームを経由して、講義のタイトルや概要、詳細などの情報を入力でき、修正も可能です。これまでのような原稿回収の手間やタイムラグが省け、大変合理的です。また、日々変化する高校生の関心度や受講予約数も教員自身でも把握できるため、オープンキャンパスの開催に向けて教員の意識も高まります。

イメージ

function 2

多機能な申込み受付フォーム

function 2

多機能な申込み受付フォーム

参加申込み受付

申込みフォームの入力項目は自由に設定できます。開催日やキャンパスごとの項目変更、同伴者の参加受付(最大人数設定も可能)など、目的に応じた設定ができます。

プログラム予約申込み受付

模擬授業や学部説明会など、プログラム単位で参加の受付や管理ができる「プログラム受付画面」をご用意しました。プログラムごとに定員を設定でき、予約状況に応じて途中での定員変更や会場変更、プログラム追加などにも柔軟に対応できます。

メール一括配信機能

申込者を対象にメールの一括配信が可能です。プログラムの追加などのお知らせや、前日のリマインドメール、開催後のサンクスメール等にご利用ください。(1ヵ月に6回以上は別途費用がかかります)

申込みフォームの様々な設定機能

  • 同伴者人数を自動的に来場者数にカウントするか否かの設定
  • プログラム最大申込可能数の設定
    (一人につき上限設定が可能)
  • 重複した時間に実施されるプログラムの申込制御機能
  • 申込みフォーム上の表示文言のカスタマイズ設定
イメージ

■予約やエントリーはテレメールテレメールIDにも対応

テレメールユーザーなら4桁のパスワードだけでログインできるので、予約制でも、テレメールユーザー(87万人/2018年度実績)をしっかりと取り込めます。テレメール経由の資料請求時に個人情報とパスワードを登録することでユーザーとなりますが、テレメールではプレゼントによる請求喚起を一切行なっていないため、純粋に大学進学を目指す進学意欲の高い高校生がユーザーです。

イメージ

高等学校のオープンキャンパス指導に活用 テレメール経由で申し込んだオープンキャンパス情報は「夢ナビマイページ」に蓄積されます。高等学校の進路指導で使用される高校生一人ひとりの専用サイトですので、自身が申し込んだオープンキャンパス情報の管理や、参加後の指導時にも利用されます。

function 3

マイページ機能により
問い合わせが激減

function 3

マイページ機能により
問い合わせが激減

申込者からのキャンセルや変更等の問い合わせ対応業務が大幅に削減できます。本システムでは、参加希望者がご自身の予約済みプログラムの確認や変更、またお気に入り登録をして比較検討できるマイページを用意しています。

貴学の公式サイトへのアクセスも容易に

プログラムの申込み状況の確認や自身の参加プログラムを検討・登録できる「マイタイムテーブル」が利用できるマイページに、大学公式サイトや受験生サイトへのリンク設定なども可能です。

申込者専用ページの機能

  • 個人情報の確認・変更
  • プログラムの追加申込み・キャンセル
  • 参加証・受講証の表示
  • アンケートへの回答
  • 予約したプログラムのスケジューラー
  • マイタイムテーブル
イメージ

function 4

受付対応の効率化
(参加証・受講証の発行)

function 4

受付対応の効率化(参加証・受講証の発行)

オープンキャンパス当日は、マイページからスマートフォンの画面に表示した参加証・受講証を提示させることで、受付処理の効率を図ることができます。入場者の行動履歴管理をより厳密に行いたい場合は、入場者にだけ分かる認証キーを本人に入力させる画面を挟み込みます。

イメージ

function 5

Webアンケート機能による
コスト削減

function 5

Webアンケート機能による
コスト削減

メリットが多いスマホ活用

紙で収集していたアンケートをWeb化することで、後処理の省力化・スピード化・低コスト化が図れます。また、スマートフォンネイティブである高校生の本音をアンケートで引き出すためには、紙に文字で記入させる環境を見直して、スマートフォン端末を介して直接入力させることが必要です。

アンケートは自由設計

本システムでは、オープンキャンパス参加者に対する感想や満足度調査など、目的に合わせてアンケートの内容が自由に設定できます。開催日やキャンパスごとなど同時に複数のアンケートを作成することもできます。
また、メール一括配信機能を利用したアンケート回答フォームへの誘導や、当日配付する用紙にQRコードを印刷するなど、活用方法はさまざまです。

スタッフチェック機能

アンケートを回答するとスタッフチェック用の画面が表示されます。プレゼントの重複配付などを防ぐことができます。

イメージ

■アンケートの回収率を高めるゲートパス機能

アンケートにすべて回答するとExitPASSと表示された通行手形が表示されます。退場時にはスタッフがその画面を確認することをキャンパス内の随所でアナウンスしておくことにより、アンケートの回収率を格段に高められます。スマートフォンを持ち合わせていない人には随所にアンケート用紙を配しておくことで対応します。

イメージ
アンケート
ゲートパス画面

function 6

運用管理画面の権限付与で
学内を巻き込む!

function 6

運用管理画面の権限付与で学内を巻き込む

開催日やキャンパス、運用スタイルや全体スケジュールなど、まずはオープンキャンパスの骨格を登録しておきます。例えば、全権管理担当者が学部担当者毎に権限を付与し、各学部の担当者が模擬授業を担当する教員にプログラム編集者権限を付与することも可能です。後は各担当セクションの権限付与でプログラムの公開情報の入力や更新が可能になります。また、模擬授業を担当する教員が、自身で講義内容を編集して公開まで管理できます。

イメージ
イメージ
運用管理画面
[管理項目]
イベント登録
イベント予約受付フォーム作成
参加申込者管理
アンケート作成
配信用メール作成
メール配信
管理画面ユーザー登録
管理画面ユーザー権限設定
  • 情報収集や管理の時間を削減したい

    管理担当者様にて、自由に担当者登録と権限設定が行えます。各担当者の入力内容は、自動的にプログラム一覧やタイムテーブルに反映されます。

  • 模擬授業で自学の魅力を伝えたい

    教員による模擬授業の内容登録だけでなく、模擬授業資料のアップロードも可能です。高校生の申込み状況も確認できるため、効率的な運営準備が可能です。

  • 参加者に効率よくタイムリーに接触したい

    参加高校生はOCANsのマイページを利用して各イベントの申込みやアンケートの回答を行います。一斉メール配信機能で、参加者へのタイムリーなアプローチが可能です。