OCANs オーキャンズ

FROMPAGE

Promotion 1

全国から学問や研究テーマに
関心を示す高校生を模擬授業に誘致!

オープンキャンパスでは多くの模擬授業が開催されます。学問領域も多岐にわたり、大学進学を目指す高校生が学ぶ学問を発見するためにも大変有益な環境です。OCANsを通して情報整備された模擬授業情報を、年間アクセス者数のべ157万人(2017年度実績)のテレメール進学サイトで紹介します。

学問分野や関心ごとから模擬授業を
横断的に検索できるまったく新しいサイト登場!

テレメール進学サイトでは学問分野やキーワードから受講したい模擬授業や研究室紹介を検索できます。勿論、地域や開催日による絞込みも可能です。
貴学におかれましては、多くの大学の模擬授業の中から、自身が興味を抱く学問テーマの模擬授業を受講するためにオープンキャンパスに参加する向学心の高い高校生を誘致できます。

模擬授業検索画面

■講義概要だけでは伝わりにくい学問の魅力を
高校生が見慣れた“夢ナビ講義”がサポート

高校生一人ひとりの関心ごとから学問を紹介するカリキュラム「夢ナビプログラム」は年間1,200高校で実施。毎年約30万人の高校生が多くの夢ナビ講義に触れています。学問の魅力をイラストを交えて端的に紹介する夢ナビ講義に教員メッセージ動画も加わることで、模擬授業の内容を事前にしっかり把握させることができます。
※オリジナル原稿を模擬授業の紹介として掲載することもできます。

イメージ

高校教員へのアンケート

全国の高等学校進路担当教員・学年担当教員(約90名)に面談形式でヒアリング。

模擬授業の内容からオープンキャンパス選びができるようになると…?

  • 非常に面白い。オープンキャンパス参加は課題としているが、行っただけで満足してしまっている生徒も多いのが現状。複数の大学の模擬講義を比較できるのは素晴らしい。学内のネット環境は整っており、1年生は全員タブレットを所持して積極的に活用しているので、授業の中でも活用したい。毎年夏休み前に「オープンキャンパスに参加しよう」のような時間を取るので、そこで一斉にサイトにアクセスして予約させたい。
  • 大学名はどこでもいいが、ミスマッチが一番怖い。何をしにその大学にいくか、という部分を見定めにオープンキャンパスは参加してほしい。そのために模擬講義で選ぶのは有効だと思う。
  • 大学ありきの参加で、どんな催しかはその後なので、「何を聴いてみたいか」の視点で講義を選び、それはどこの大学かの順となる新しい探し方が出来るようになる。
  • 与えられた情報から検討する傾向が強いので、具体例(講義名、内容)が列挙されることで「そういうやりかたでオープンキャンパス参加検討することも出来るのか」と気づかせることが出来る。自分で時間を決めるという新たな取り組みもさせることが出来る。
  • 今、生徒が個別に「行こうかな」と思う大学を検索し、準備をする状況があるので、自分がやってみたいことが聞けそうな大学が一度に情報として仕入れられたらそれだけで、高校としても検討してほしい大学のオープンキャンパスの参加検討をさせることができる。
  • 自身の学びたいことを漠然と決めている生徒もいるが、狭い視野と人生経験の中から決めているので、夢ナビライブを含めて大学の学問を紹介してもらえる場が増えることは望ましい
  • 現状の生徒任せの参加に対して、こういう仕組みが出来れば学校としてオープンキャンパスに参加をしてほしい大学を勧めやすくなる。県内の国公立が難しい場合でも、興味のある分野をきっかけに近隣大学のオープンキャンパスに参加をすることで他大学も視野にいれさせやすくなる。
  • 学校としては地方の国公立大学のオープンキャンパスに参加を勧めたいので、地方の国公立の講義情報が多いと参加を促しやすくなりありがたい。
  • 学問の系統で大学での講義が検索できるのはとてもありがたい。夢ナビライブが次年度は6月だし、夏休みの活動で講義予約して参加というのはとても良い。大学に行く目的もできるからとても良い機会になる。検索ができればこの大学にも行きたいと、訪問を希望する大学ができる。
  • 学問分野で検索ができる点で発見になるし、事前に予約ができることで、当日の行動に課題を持って参加することになる点はとても有益。1年は文理選択でオープンキャンパス講義を聞くケースも多いので、文系・理系で色々検索して予約までできるならとても良い事前研究と行動促進になる。
  • 同じ学問方面でこの大学もこの大学もと発見できるので、行動喚起になるし、複数訪問になるなら比較ができるので大学理解も進むと思う。予約ができるなら利用しない理由は無い。第一志望の大学でなくとも、講義を予約できて事前準備ができる分だけ質は高くなると思う。
  • 新しい視点で行く大学を探せる。
  • 学部から進路を考えることの後押しになるかもしれない。
  • そこにいたるまでの指導で学部学科研究、自分の志望する分野を考えさせているので、それを踏まえて講座を選択できるような情報(系統・分野の区分、夢ナビ講義のような概要)できるだけたくさんあるとよりよい。
Promotion 2

テレメール進学サイトで貴学の
オープンキャンパス情報を紹介。

OCANsに反映された貴学のオープンキャンパス情報は、年間アクセス者数のべ157万人(2017年度実績)のテレメール進学サイトのオープンキャンパス情報に掲載します。貴学の公式サイトへの誘導もスムーズに要所毎にリンクを設定します。

■テレメール進学サイトの圧倒的な広報力

テレメール進学サイトは、国内最大級の大学パンフ・願書請求サイトとして、例年多くの高校生・受験生に利用されている進学サポートサイトです。
年間580万部を発行するテレメール進学カタログ・夢ナビ関連企画のすべてにおいて、インターネットによる資料請求方法としてそのURLを告知しており、年間資料請求数137万件(2017年度実績)を有し、圧倒的な広報力を誇ります。

“学問発見の場”という
新たな機能が加わった
オープンキャンパスを
全国の高等学校にプロモーション!

高校教員へのヒアリングによると、大学で学ぶことができる学問を見つけさせるために、オープンキャンパスの模擬授業や研究室紹介の参加を推奨する高校教員は多いことが分かりました。
そこで弊社では来年度より、全国の高等学校にオープンキャンパスの模擬授業の受講の推進活動を展開します。ポスターの掲示やリーフレットの配付、高校教員による指導などを通じて、模擬授業や研究室紹介からオープンキャンパスが検索できるテレメール進学サイトの閲覧を生徒に紹介していただきます。

バナー、ポスターのプロモーションイメージ

テレメールと夢ナビを通して
多くの高等学校の進路指導をサポート。
こうした実績を活かして、
2019年のオープンキャンパスを応援します!